2007年05月21日

22.ウェーブフロントレーシックとは

22.ウェーブフロントレーシックとは

レーシックは1990年に開発されました。日本においては本格的に開始されてから7年になります。この7年間でレーシックはさらに大きく進歩しました。

近年になって眼の屈折度を精密に検出、解析する高性能検査機が登場したことで、これまでのレーシックでは対応できなかった個々の角膜形状から生じる高次収差(眼鏡、コンタクトで矯正出来ないほどの細かい歪み)に対応することが可能になったのです。

カスタムレーシックとかオーダーメイドレーシックといった呼び方をされることもありますが、波面解析をおこなうことからウェーブフロント(波面)レーシックという名称で定着しているようです。

ウェーブフロントレーシックは、従来のレーシックでは困難であった不正乱視を矯正可能なものにしました。また、ウェーブフロントレーシックでは細かな歪みを緻密に矯正できるため、よりクリアな視界が得られること、夜間視力の低下やハロ(夜間、光源の周囲がにじむ)の発生率が低くなるといったメリットがあります。

高精度の計測、解析装置を使用するため、通常のレーシックの手術に比べると、費用の面では高くなります。ウェーブフロントレーシックにした場合、だいたい10万円くらいのプラス料金になっているようです。
posted by ニッキ at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | レーシックとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。